両手から溢れた栄冠。惜敗のセオドールレーシング  マキシミリアンの5位が最上位に留まる。

SJM セオドールレーシング by プレマ  初の4台体制でマカオGP 王座奪還に臨む