HILLSPEED 創立50周年を記念するカラーリングを発表

 Press Release

2020年を迎え、HILLSPEEDはチーム創立50周年を迎えると共に、ファクトリーを移転し。50周年を記念する新しいロゴと共に来るシーズンにむけダッシュします。

2020年はチームにとって記念すべき年であり、次の新たな十年を作り上げるにあたり、チームのヘッドクォーターも一新。新しいファクトリーはチームのオペレーションを行うに充分なスペースがあり、チームの業務拡充に充分すぎるほどのファクトリーです。

HILLSPEEDは今シーズンのBritish F3シリーズでは新しく真紅のボディにゴールドのストライプと50周年の新しい記念ロゴを身に纏って三台のタトゥースでシーズンに臨みます。

チーム代表 リチャード・オーレンショーのコメント:

この競争厳しい世界で50年もやってこれた事は凄い物凄いアチーブメントであって、今までのこの50年間、一緒に仕事してきたスタッフやパートナーには本当に感謝しています。

今までの時間は本当にアメージングな旅でした。従ってこれからスタートする、大きく前進するであろう2020年のシーズンを、非常に楽しみにしております。

今年は今後へと続くベンチマークとなる年です。従ってこのチームの事業を拡大する良い機会だと考え、新しいファクトリーへの移転を決めました。

新たな1ページのスタートに期待しております。

HILLSPEED チーム紹介:

1970年にモーガン・オーレンショー(現在のチーム代表のリチャードの父)が立ち上げたチーム。

そのHILLSPEEDのストーリーは常に成功に包まれてきました。

最初はブリティッシュサルーンカーレース(現在のBTCC)から始まり、その後の1980年代からチームの主軸はシングルシーターへと移行。

現在の英国F3Cupの前身、ARP Formula3でタイトルを獲得。その後、UKフォーミュラルノー2.0シリーズでアリス・パウエル(現W-Series)を初のBARC 女性ドライバーとする事ができました。その他、ジネッタJr.等でいくつかのタイトルを獲得。

現在、BRDC British F3はHILLSPEEDが最も集中しているチャンピオンシップです。去年はとても印象に残る強いシーズンであり、ササコン(カッター)チャイモンコール、ニコラス・バローネ共に初優勝をマークすると言う、記念すべき年でした。

素晴らしい2020年になる事を期待しています。

今シーズンのマシンはエアロダイナミックスと安全性がアップグレートされます。

フォードデュラテックベースの2リッターN/AエンジンはMountune Racingがサプライヤーとなり、全チームに供給します。

お得な情報を優先的にお届けするGWRのLINEアカウントへの登録をお願い致します。

Add Friend

タカラトミーモール

広告