ミック・シューマッハ シルバーストンで今季二勝目!

unnamed (9) 2

FIA ヨーロピアンF3選手権
Rd.6
プレマ・セオドールレーシング
プレスリリース

2018年8月17-19日
イギリス/シルバーストン

短いサマーブレイクを挟んでシリーズ第6ラウンド、英国のシリバーストンへとやってきたFIA F3ヨーロッパ選手権。

予選

P.P.から13番グリッドまでが0.4秒以内という激戦の中、プレマ・セオドールのドライバーはレース1/2共にフロントローからのスタートポジションを獲得。
Q1では#1 周 冠宇が、Q2では#4 ミック・シューマッハがそれぞれ二番手でフロントローを確保。
周はレース2・九番手、レース3が八番手。一方のミックはレース1が六番手、レース3が四番手を確保。
ここ迄でシリーズランキング首位を守っている#8 マーカス・アームストロングはそれぞれのレースで五・七・五番手のグリッドを確保。#10 ロバート・シュワッツマンはレース1が十二番手。レース2、3は十番、九番手と悪くないポジションを確保。
#7 ラルフ・アーロンはセッティングが決まらず十七・十三・十二番とここまでの今シーズンワーストとも言うべき結果に終わった。

レース1

勝利が見えるポジションからスタートしたプレマ・セオドール軍団だったが、5台中3台がタイヤのパンクチャーでリタイアと言う悪夢の様な結果。その中でなんとか生き残ったのはマーカスとロバートのルーキー組。それぞれ6位、8位でフィニッシュし、貴重なポイントを獲得した。

レース2

二番グリッド、フロントローからスタートしたミックは、スタート直後にトップを奪い、猛プッシュ。ファステストを連発してそのままチェッカー。貴重な自身の二勝目をこのモータースポーツの聖地とも言うべきシルバーストンで記録した。
マーカスは七番グリッドからスタートし5位。周は九番グリッドから6位でゴール。ロバートは一つポジションを上げて9位。ラルフは十三番手から10位でチェッカーを受けた。

レース3

しかし日曜日は再び全体的に低調な結果となり、チームの最上位はミックの5位。スタートポジションをひとつ落としてのゴール。周はスタートポジションと同じ8位でフィニッシュ。ロバートも順位を一つ落とし10位でゴール。マーカスとラルフスタート直後の接触でリタイアとなった。


 

#1 周 冠宇のコメント:

プラクティスの時はバランスで苦しめられたけど、予選ではそこは解決して本来のスピードに戻せました。Q2でも期待しましたが、何かの理由、それはハッキリしないんですが、またスピードを失ってしまいました。
けれどレース1のグリッドが良いので期待していました。が、ニュータイヤでグリッドにつき、トップ3フィニッシュを狙って走っていたら突然リアにスナップが発生、パンクしてしまった。なんでしょうね、これは?
レース2は九番手から6位に上がりましたが、自分としてはあまり納得していない走りです。レース3のスタートは良かったです。ティクタムをオーバーテイクしたのですが、その後に彼は僕をコース外から抜いてきた!彼はフェアじゃないですよ!これですっかりモチベーションが下がってしまい、後はタイヤをセーブしながら走りました。予選は良かったのにレースは何か色々あって、けれどまぁ、スパの災難みたいな展開よりは良いかな?ポイントも取れましたしね。

#4 ミック・シューマッハのコメント:

予選は良かったと思います。しかもレース2のフロントローも取れましたしね。けれどこの予選はタイムが接戦でもの凄く激しいものでした。ですのでこの時点でレースは厳しいものになると予想はしていました。
レース1はタイヤのトラブルで失ったけれど、レース2は良いスタートを切れて後ろを引き離し、結果、勝つことができました。レース中盤、ライバルが迫ってきたので、自分も相当プッシュして引き離しました。このレースで勝てて本当に嬉しいです。
レース3はまたソリッドな展開になり、この週末を終わらせる事ができて良かったと思っています。
私たちは大きな可能性を秘めていて、バトルも思った様に制する事が出来ました。この良い流れをシーズンの最後まで維持していきたいです。

#7 ラルフ・アーロンのコメント:

予選は激しかったね。ブタペストの時と似ていて、自分には速いペースが無かった。
Q2は良い方向に振る事が出来た。なので自分もレースに期待をしていたんだけどね…
レース1はスタートして割と良いペースだった。けれど数ラップしたらタイヤがパンク。ここで終わり。
レース2はスタート直後、ポジションアップできたけど、なんだろうね?ペースが上がらないんだ。レース3も同じでまた接触してしまいフィニッシュ。何とも言えないウィークエンドになってしまいました。次のイタリア-ミサノの頭を切り替えています。

#8 マーカス・アームストロングのコメント:

自分のスターティンググリッドが5-7-5でした。ポジション的には良いポジションじゃ無いんだけど、タイムが離されていたわけじゃ無かった。クルマのフィーリングは良かったのでレースは期待していました。
レース1のスタート直後は混乱しました。ポジション的に悪く、プッシュしましたがタイヤにダメージを与えていまい、自分も気をつけて走らないとならない状態になってしまいました。
レース2もスタート時の問題があったものの、ペースは悪くありませんでしたが、こんなトリッキーなウィークエンドを短いレースで終わらせてしまう事になってしまった。
けれど次のミサノはF4時代に経験を積んでいるコースなので、ここで結果を出せる様に頑張ります。

#10 ロバート。シュワッツマンのコメント:

予選は本当にみんな犇めき合うと言う言葉がピッタリな状況で、トップを争うにはスピードが足りなかった。けれどQ2では少しインプルーブでき、レースには期待していました。
この週末、とてもトリッキーなレースウィークエンドでしたが、全てトップ10で完走できました。が、他のドライバーのスリップに入った時が大変でした。このシルバーストンは他のドライバーがミスをしない限りオーバーテイクは難しいサーキットです。
次のミサノで更にインプルーブして結果を出します。


2018 F3 Rd.6-05