富士スピードウェイで開幕の競争女子 Kyojo Cup 2018に実力派女性ドライバー BMW Motorsports Jr.所属の ベイスク・フィッセール の出場が決定!!!

2018年6月15日

 来たる6月16~17日より静岡県富士スピードウェイにで開催される日本初の女性だけのモータースポーツ レースシリーズの競争女子-Kyojo Cup 2018にGWRスポーツマーケティング マカオとしてシリーズ全4大会に参加する事となりました(最終戦がマカオGPと重複している為、最終戦のみ現在調整中)。
主催者である関谷正徳氏の”Kyojo Cupを世界に広げたい”と言う希望をアイデアのモチーフとし、様々な国からその国を代表する女性レーサーを招聘し、レース毎に違う選手で参戦すると言うアイデアを具現化しました。

今回の第1戦は名実共にトップクラスの女性ドライバー、元レッドブルJr.、現在はBMW Motorsports初の女性育成選手であるオランダ人のベイスク・フィッセールに参加を打診。BMWにもその趣旨を理解して頂き、今回の参加へと相成りました。

Beitske_001

ベイスクはドイツのADACフォーミュラマスターズ時代にはレッドブルJr.チームに所属。
チームメイトには現在ルノーF1のステアリングを握る伝説のWRCチャンピオンを父に持つカルロス・サインツJr.、レッドブルF1を解雇後、フェラーリF1の開発ドライバーに就任したダニエル・クビアトとチームメイトと言う物凄い経歴を持っています。
現在はBMW Motorsports の女性初のJr.ドライバーとしてヨーロッパのGT4チャンピオンシップに参加。昨年のバルセロナで優勝を飾っています。

IMG_0474 2

Nürburgring (GER) 09th May 2018. BMW M Motorsport, 24h Nürburgring, #60 Securtal Sorg Rennsport (GER), BMW M4 GT4: Nico Menzel (GER), Beitske Visser (NED)

開幕戦でベイスクを起用したのち、Rd.2(8月25-26日)ではイタリアの”美しすぎる女性レーサー”ビッキー・ピリア、Rd.3(10月6-7日) 香港の実力派レーサーのデニス・ヤン、Final(11月17-18日)では日本人唯一のユーロナスカーで活躍する三浦健光選手のチームメイト スペイン人のカルメン・ボイック・ジルがそれぞれのラウンドで登場します。

私たちGWRは長い間、海外で活動してきましたが、このような形で日本への参戦と言うのは想定外の出来事でした。
この機会を作って頂いたインタープロトの関谷正徳氏をはじめ、富士スピードウェイ、またご支援頂いている多くのスポンサー/パートナー企業の皆様にこの場を借りて厚く御礼を申し上げます。

初の試みとなる、女性外人ドライバーを引き連れてのKyojo Cupへの参戦。
どうぞご期待ください。