FIA-Formula2 Rd.3 スペインGP プレビュー

unnamed

ペルタミナ・プレマ・セオドール・レーシング
Press Release

2018年4月25日
スペイン/サーキット・デ・バルセロナ・カタルーニャ

 FIA-Formula2は早くもシリーズ3ラウンド目となり、ようやくヨーロッパラウンドの緒戦としてここスペインはバルセロナ、カタルーニャサーキットへと舞台を移して開催されます。

今年からニューマシンとなり、どのチームも押し並べて初期トラブルに見舞われた今シーズンの序盤戦。下位カテゴリーから慣れ親しんだヨーロッパのサーキットに戻り、ようやく腰を据えてレースに取り組む事が出来る故に、ここから先はマシントラブルなどを出さない事が重要な課題となってきます。

前回のアゼルバイジャンGPにおいて、今シーズン初のポディウムに登壇した#4 ニック・デ・ブリーズはこのスペインGPでポディウムの中央に立つことを目標としています。
一方、開幕戦から初期トラブルに見舞われ、思う様なレースが出来ていない#3 ショーン・ゲラエルはここまでの不振を払拭すべく、更なるインプルーブが出来る事を望んでいる。開幕のバーレンでは数々の不運に見舞われながらも、ポイントを獲得しているショーンは、自らの可能性を信じこのスペインの地においてシーズン最高の結果をここで残しておきたいと考えています。


レネ・ロシン(チームマネージャー)のコメント:

序盤の2ラウンドと異なり、このバルセロナからは伝統あるクラシックサーキットが続き、これらの場で私たちは今までも数多くの結果を残して来ました。
しかしながら全くのブランニューマシンであり、開幕序盤のバタバタした中では本当の意味でこのニューマシンのポテンシャルを誰も引き出してはいません。従ってチームとしてはここからが本番なのです。
前戦バクーのレース2でようやくトンネルの先の光が見えました。ここからこの混沌とした状況から抜け出し、本来私たちがいるべき場所に戻り、またそこにいることが当たり前の日常的な景色になる様、このレースから流れを変えていきます。

今週のレーススケジュール(日本時間)

4月27日(金曜日)20:00〜 プラクティス/23:55〜 予選
4月28日(土曜日)23:40〜 フィーチャーレース
4月29日 (日曜日 18:30〜 スプリントレース


unnamed (5)

広告