ADAC F4 プレマセオドールレーシング ホッケンハイムで苦戦 表彰台は1回に留まる

unnamed (14)

プレマ・セオドールレーシング
press release

5月7日
ドイツ/ホッケンハイム

 プレマ・セオドールレーシングにとってこのホッケンハイムのラウンドは、上がり下がりの激しい週末となった。
ADAC F4 Rd.2は4台体制で臨んだものの、予選でのトラックリミットオーバーによるタイム末梢から始まり、相当タフな週末となってしまいました。
またレースではいくつかのインシデントがあり、#64 オリ・カルドウェルによるポディウム獲得が一回、今回初登場のレッドブルジュニアドライバーの#33 ジャック・ドゥーハンが三回のルーキークラス2位と言うのが精一杯の結果となってしまいました。
2名のFDAドライバー、#5 ジャンルーカ・ペテコフと#74 エンヅォ・フィッティパルディはいずれも振るわず、僅かなポイントを加算するに留まりました。


エンヅォは予選から実際に出したタイムとは別の次元の問題で振るわず、更にレース2ではスタート直後のアクシデントでリタイア。その結果レース3は最後尾からのスタートと完全に不振に見舞われました。しかしそのレース3では怒涛の追い上げを見せ、最後は7位まで上がったところでチェッカー。一方のジャンルーカはレース1/2共にアクシデントでこちらも振るわず、最後のレース3も9位に留まりました。


#5 ジャンルーカ・ペデコフのコメント:

予選1:14番手 ファステスト1:42.192
予選2:7番手 ファステスト1:41.705
レース1:リタイア、レース2:18位、レース3:9位

かなりキツイ週末でした。FPと予選で新品タイヤを投入したのにペースが悪く悩んでいました。その結果、予選1が14番手。予選2でセットアップを変えてようやく7番手と言う有様でした。
レース1で他のドライバーとの接触によって右リアがパンクし、リタイアとなってしまいました。レース2のペースは良く、トップ5まで上がったのですがまたもやアクシデントでフロントノーズを飛ばしてしまいました。ペースは良かったんですけどね…。
レース3はポジティブでした。ドゥーハンを除いた3人のチームメイトが後方からのスタートでしたが、18番手から9位まで上がる事ができ、前方を走るマシンと変わらないペースで走れる事だけは証明できました。
次の週末はイタリアンF4のポールリカールですので、そこでは充分にテストをしていますから次のレースに自信を持っています。

#33 ジャック・ドゥーハンのコメント:

予選1:12番手 ファステスト1:41.974
予選2:8番手 ファステスト1:41.744
レース1:8位、レース2:6位、レース3:5位

予選1では色々と確認しながらのアタックとなってしまった為に12位でした。予選2ではセットアップが決まったのですが、他のドライバーが起こしたトラフィックで結果8位でした。
レース1はペースも良く、12番手からスタートして8位まで上がりました。レース2は更に良くなりペースも上がり8番手スタートの6位ゴール。しかしその後のレース3はキツかったです。タイヤに悩まされて3位をキープしていましたが、とうとう限界がきて次々にパスされてしまい5位まで落ちてしまいました。

#64 オリ・カドウェルのコメント:

予選1:4番手 ファステスト1:41.725
予選2:12番手 ファステスト1:41.803
レース1:3位、レース2:15位、レース3:10位

レース1は3位でポディウムに立ててそれは良かったのですが、レース2は他のドライバーとの接触、そしてレース3はタイヤに悩まされてしまいました。全体のペースは良かったのですが…。もう次のレースに向かって気持ちを切り替えます。

#74 エンヅォ・フィッティパルディのコメント:

予選1:6番手 ファステスト1:41.782
予選2:10番手 ファステスト1:41.775
レース1:5位、レース2:リタイア、レース3:7位

今までの中でのワースト1に上げられるレースでした。
予選から噛み合わずにゴチャゴチャしてしまった結果、予選は6番手、10番手となってしまいました。
レース1は上に上がったのですがペナルティを下されてしまい5位。レース2はまたもや良いスタートを切ったものの、他のマシンと接触してしまいオープニングラップでリタイア。その結果、レース3は最後尾からのスタートとなってしまいました。けれど何とか7位までポジションを上げる事が出来て良かったです。良く無い週末でしたが、次のポールリカールに向かって頑張ります。


unnamed (5)