FIA-Formula2 アゼルバイジャンGP プレビュー

unnamedペルタミナ・プレマ・セオドール・レーシング
Press Release

2018年4月25日
アゼルバイジャン/バクー

 ペルタミナ・プレマ・セオドールレーシングは今週、シリーズ第二戦となるアゼルバイジャンに到着。数々のミラクルを起こしたバクーに戻ってきた。2016年、F2(当時GP2)シリーズに初参加したチームは、アゼルバイジャンの首都、幻想的な街並みのバクーの公道レースで、もはや伝説とも言えるフィーチャー/スプリントレースの二連勝を達成。しかも1-2フィニッシュ(アントニオ・ジョビナッツィ/ピエール・ギャスリー)と言う圧倒的な勝利を納めた。

昨年は、前年にもまして感動的なレースとなり、最愛の父を亡くした直後のシャルル・ルクレールが勝利を挙げ、天国への父へトロフィーを高く掲げたその姿は多くの人からの賞賛を得た。
私たちのホームコースとも言えるマカオ・ギアサーキットと似た風情とキャラクターを持つバクーのコースを、私たちは今年も完全攻略すべく万全なる準備を整えてきた。

ニック・デ・ブリースは開幕戦のバーレーンで2レースともポイントを獲得したが、更にポイントを積み上げる必要がある。ニックは昨年、ここバクーで2位を獲得しているのでその期待も高い。
一方のインドネシア人ドライバー、ショーン・ゲラエルはバーレーンで自身最高位からのスタートで7位完走という印象に残るレースを見せてくれた。ここバクーで更なるポジションアップを期待したい。

レネ・ロシン(チームプリンシパル)のコメント:

このバクーに戻って来るととてもワクワクします。ここは我々が初の1-2フィニッシュを飾った場所であり、今年は開催順序が変わり第2戦となりましたが、チームにとってここ以降の戦い方の形成が決まってくる場所です。
ここでは最初から正しいペースを掴む事がキーポイントになります。ショーンとニックもバーレーンで充分なポテンシャルを見せてくれたので、このアゼルバイジャンでさらにポジティブな結果を出す事を期待しています。

今週のレーススケジュール(日本時間)

4月27日(金曜日)16:00〜 プラクティス/20:00〜 予選
4月28日(土曜日)17:00〜 フィーチャーレース
4月29日 (日曜日 18:10〜 スプリントレース


unnamed (5)