イタリアンF4開幕戦 プレマ・セオドールレーシング 大成功の幕開け

unnamed 2

プレマ・セオドールレーシング
press release

2018年4月23日
イタリア
アドリア・インターナショナル・レースウェイ

 イタリアでの開幕戦3レースを終え、プレマ・セオドールレーシングはチーム/ドライバーズ共にランキング首位に立ちました。
今回の舞台となったアドリアはチームの本拠地からも近く、言わばホームコースと言っても差し支えの無いサーキット。
FDAドライバーのエンゾォがレース1/3で優勝。レース2も3位表彰台と完璧な結果を残し、ドライバーズランキング首位に立ちました。
このレースが事実上、四輪レース二度目のルーキー、エンゾォと同じくFDAドライバーの#5 ジャンルーカ・ペテコフ。この週末の全てのレースのルーキークラス優勝に加え、レース2で総合2位を記録。他のレースでも総合のポイント圏内でフィニッシュし、シリーズでもルーキークラス、ダントツのトップ。総合でも3位と、ドライバーの才能とチームの技術力の高さが高い次元で噛み合っての結果となりました。

ブリティッシュレーシングドライバー、15才の#64 オリ・カルドウェルはADAC F4の開幕戦において本人も驚く様なパフォーマンスを見せたものの、ここイタリアに舞台を移したこのシリーズに於いては様々な困難に直面しました。
レース2は4位、レース3ではスタート直後の混乱で大きく後退したものの、見事にリカバーし、8位まで回復しポイントを獲得しました。
初参戦となる女性ドライバー、#88 アムナ・アル・クバイシ(アラブ)。デビュー戦にも関わらず善戦し、レース2でトップ10にあと一歩の12位でゴール。この週末のレースを最後まで走り切りました。


#5,ジャンルーカ・ペデコフのコメント:

unnamed (15)

予選 1: P3 ファステストラップ: 1:15.381
予選 2: P4 ファステストラップ: 1:15.277
スターティンググリッド レース1: P3 レース1: P5
スターティンググリッド レース2: P4 レース2: P2
スターティンググリッド レース3: P2 レース3: P7

全体的に良いウィークエンドでした。FP1から良いペースでしたので、予選も良い結果を出せました。レース3のグリッドは二つの予選の2ndベストなので、結果フロントローに並べました。
レース1はちょっとトリッキーな展開でしたが5位で完走。レース2はP4スタートからスタート直後に2位に上がってそのままゴール。これが僕のシングルシーター初の表彰台でした。レース3はもう最初から最後まで混戦の中にいて、ベストなタイムは出せなかったけど、何とか7位でゴール。
このチャンピオンシップを良いスタートが切れたと思います。ペースから言えば良いペースを持っているから予選で前にいると良いペースで走れるのですが、ちょっと後ろのトラフィックに巻き込まれると問題が出てしまいペースが乱れます。
今年は僕のシングルシーター初年度なので、レースウィークエンドのダイナミックな部分をまだまだ学んでいる最中ですが、今週のこの結果には満足しています。チームもいつもの様にベストなサポートを僕にしてくれていて、本当に感謝しています。


#64,オリ・カルドウェルのコメント:

unnamed (16)

予選1: P4 ファステストラップ: 1:15.386
予選2: P6 ファステストラップ: 1:15.431
スターティンググリッド レース1: P4 レース1: P7
スターティンググリッド レース2: P6 レース2: P4
スターティンググリッド レース3: P6 レース3: P8

失望したウイークエンドでした。予選では良いペースでしたが、レースでは運に見放されてしまった。レース3のアクシデントは僕を一気に18番手まで突き落とされてしまったので、8位まで回復したのは少しだけポジティブに感じられるところです。
次戦、もっと良い結果を出せる様、頑張ります。


#74,エンゾォ・フィッティパルディのコメント:

unnamed (17)

予選1: P1 ファステストラップ: 1:15.163
予選2: P2 ファステストラップ: 1:15.215
スターティンググリッド レース1: P1 レース1: P1
スターティンググリッド レース2: P2 レース2: P3
スターティンググリッド レース3: P1 レース3: P1

非常に良いウイークエンドで、P.P.が二回、もうひとつが二番手スタートと言う事で申し分ないです。スタートから自分のペースを維持できて結果を残せて嬉しいです。
クルマは速く、レースペースはとても良かったので結果、二つの優勝と3位を獲得できました。テストの時からチームワークは固く、結束してやれてこれたのでこのような結果を出せて良かったです。次のレースに向かってまだまだ準備しなければならない事はあるけれど、楽しみにしています。


#88,アムナ・アル・クバイシのコメント:

maxresdefault

予選1: P16 ファステストラップ: 1:15.969
予選2: P18 ファステストラップ: 1:15.812
スターティンググリッド レース1: P16 レース1: DNF
スターティンググリッド レース2: P18 レース2: P12
スターティンググリッド レース3: P18 レース3: P17

このウイークエンドは自分なりに良かったと思っています。
ペースがトップ10に入るペースもあったし、レースでの自己ベストはルーキー4位でポディウムに登れました。
初のレースイベントなので、全てはまず経験値を積む事です。
自分がここまで出来た事にちょっと驚いております。
スポンサーのフルサポートとチームのハードワークに感謝しています。


unnamed (5)