アレックス・カフィ・モータースポーツ バレンシアで幸先の良いシーズンをスタート

Alex Caffi Motorsports
press release

2018年4月15日
スペイン/バレンシア

ナスカー・ウェーレン・ユーロ・シリーズ(NWES)開幕戦。
元F1ドライバーALEX CAFFI率いる”ALEX CAFFI MOTORSPORTS”は素晴らしいリザルトを記録し、シーズンの開幕を飾った。

27606867178_acff25b853_o 2

#1 カルメン・ボイックス・ギルはエリート2、レディースカップで優勝。#1 ボルジャ・ガルシアはエリート1をトップ5でチェッカーを受けた。
#2 三浦健光はチャレンジャーカップ(エリート1)、ルーキーカップ(エリート2)で2位を獲得。タイムトライアルで争われるエリートクラブでもジェローム・フランコイスとアンドレアス・クッシェルバッハがそれぞれトヨタカムリとフォードマスタングで大活躍した。

アメリカで誕生した5.7リッター、450馬力に車重1.2トンのレースカーで戦うこのシリーズにおいて、チームの各選手は素晴らしいパフォーマンスを見せてくれた。

エリート1にエントリーした#1 ボルジャのウィークエンドはこの週末に掛けて大きく上昇していった。予選の上位12名だけが進出できるスーパーポールへ予選総合7位で進出。3位のドライバーに僅か0.04秒の差で4番グリッドを獲得。

#1 ボルジャは土曜日のエリート1/レース1では4番手スタートからひとつポジションを落とし5位完走。一方の#2 三浦は予選からクラッチとブレーキの悩みを抱えながらのレースとなったが、チャレンジカップで2位を獲得。
日曜日のレース2では何度もSCが入る荒れた展開となり、#1 ボルジャは一時期3位まで上がったもののエンジンに問題を抱え後退。5位でレースを締めくくった。一方の#2 三浦はレース終盤に最終コーナーで他のドライバーに激突されてリタイヤ。

エリート2では#1 三浦と#2 カルメンが予選とスーパーポールで9・10番手。三浦は土曜日のレース1で5位、カルメンは8位/レディーズカップ3位。
日曜日のレースでは三浦はトップグループに入り好バトルを展開し、表彰台目前まで行きながらトラックリミットのオーバーを重複したとして25秒ペナルティを喰らい、残念ながら13位へと後退。

エリートクラブに参戦したジェローム・フランコイスとアンドレアス・クッシェルバッハはこのクラスで最高のパフォーマンスを見せ、クッシェルバッハはトヨタカムリで5番目のファステストを記録しました。


NASCAR GP Spain 2018 – Saturday Highlights

NASCAR GP Spain 2018 – Sunday Highlights

次のレースは5月18-20日、イタリアのフランチアコルタで開催されます。


NWESオフィシャルサイト:
https://hometracks.nascar.com/international/whelen-euro-series/

Result:
https://hometracks.nascar.com/international/whelen-euro-series/schedule-results/

 

広告