ルクレール 英国グランプリをシーズン6度目のポールと5回目の優勝で制す!

unnamed

FIA-F2 Rd.6 / British GP
press release

2017年7月13-16日
イギリス/シルバーストンサーキット

シルバーストンではF1関連の行事が目白押しとなっていたため、通常は金曜に行なわれるサポートレースのフリー走行は木曜の午後に行なわれる変則的なスケジュールとなった。走り始めから#1シャルル・ルクレールはただ一人1分40秒台のタイムを叩き出すが、#2アントニオ・フォーコはマシンに違和感を感じタイムを伸ばすことができなかった。



予選:

不安定な天候の下、金曜午後の予選ではルクレールが盤石の走りで今期6戦連続となるポールポジションを獲得。
万が一、雨が降った場合を考えていつも通りまず一発目のアタックですでに一番時計をマーク。全車ピットに戻りクールダウンをしてタイミングを見計らう。何台かがルクレールのタイムを上回るが、それらを一蹴する様な走りで再びポールを奪取。1分38秒427をマークした。
対するフォーコは2秒以上も遅れて最下位に終わったことからも分かるようにマシンの問題が解決しない状態に終わった。

フィーチャーレース:

フィーチャーレースではポールからスタートを決めそのままトップを奪う。
シャルルを含む大半のマシンがオプションタイヤ(ソフト)でスタートする戦略を採り、まずはレースをリード。しかしタイヤのグリップの低下が早く、6周目にはシャルル以降の後続車がピットに飛び込む中、7周目に入ったルクレールのエキゾーストから大量の白煙が上がる。しかし大事には至らずこの周にピットインしてタイヤを交換。
プライムタイヤ(ハード)でスタートした#7松下信治(ART)がトップに立つが、シャルルのペースは松下よりも1.5〜2秒も速い。
19周目のハンガーストレートでは左側のミラーが脱落するハプニングもあったが、これも彼の勢いを削ぐことはなく、21周目に松下らがピットインしたことで労せずして首位に復帰、そのまま優勝。フィーチャーレースでは6戦5勝と圧倒的な勝ち方で、勝ち星を更に増やした。
フォーコは依然としてマシンの違和感が解決せず、後続集団の中で本来の走りもできないまま16位でレースを終えた。

スプリントレース:

イギリスGPの決勝日、15万人の大観衆が押し寄せたシルバーストンサーキットでスプリントレースが行われた。
リバースグリッドでシャルルが8番グリッドからスタート。すぐに6位に上がるが5位の#9セルジオ・カナマサス(RAPAX)を抜くことができず上位勢との差は広がってしまう。12周目のターン3〜4のコンプレックスで並びオーバーテイクに成功。前がクリアになった13周目にはこのレースのファステストラップを記録し2ポイント加算。さらにランキング2位の#9オリバー・ローランド(DAMS)を追い詰めていくが、17周目にハンガーストレートで#11ラルフ・ボシューン(カンポスレーシング)がクラッシュしセーフティカーが入る。最終ラップの21周目にレース再開となるが、ローランドは前の2台から驚くほどギャップを広げて後続を抑え込みこの行為に対し20秒加算という重いペナルティが科された。4位でフィニッシュしたローランドは17位まで降格となったが、シャルルは最後の最後で#カナマサスの先行を許してしまい最終結果は5位となった。フォーコは上位陣の後退により13位まで順位を上げたが依然としてマシンの問題は解決しておらず最後まで極めて苦しいレースを強いられる事となった。



コメント:

#1 シャルル・ルクレールのコメント:

フリー走行から良いかたちで走り始めることができたけど、クルマも僕自身の走りもさらにインプルーブでき、今回の予選では開幕以来で最も大きなギャップをつけてポールポジションを獲得することができました。
フィーチャーレースは良いスタートが出来て1周目には2位以下に差を付けることができ、とても上手くいったと思います。オプションタイヤ(ソフト)ではとても速かったし、後続を引き離すことができたよね。クルマから煙が出て来た時は何が起きたのか分からなかったから少し恐かった。コース脇のスクリーン映像が見える場所があって自分のクルマから煙が出ているのが見えた。ミラーでも煙が見えた時にはエンジンブローかと思ったけど何も問題はなかったんだ。ステアリングダッシュにも何の警告表示も出ていなかった。不思議な気分だったよ。チームに無線で聞いたけど彼らも何が起きたのか分からない様子だったし、だったらとにかくレースを続けるしかなかった。
プライムタイヤ(ハード)に換えてプッシュするとグレイニングが出るのが分かっていたからしばらく抑えてからプッシュをし始めたけど、そのペースもすごく良かったと思う。
後ろから#20ノーマン・ナト(アーデン)が迫っているのが分かっていたけど冷静になるんだと自分に言い聞かせ、タイヤが落ち着くのを待ってからプッシュしたんだ。そこからはクルマも完璧だったしとても満足のいくレースだった。
スプリントレースはスタートがあまり良くなかったけれど、なんとかポジションをキープすることができた。だけど前をカナマサスに抑え込まれてしまいこれを抜くのはとても難しかった。
12周目のターン4でオーバーテイクに成功したけど、その頃にはもうタイヤが終わってしまっていたんだ。それでもファステストラップを記録できたのはポジティブな事だし、僕のペースはこのレースでもすごく速かったという事だよね。
そこからすぐに上位集団に追い付けたんだけど最後にセーフティカーが入ったのは残念だった。
あのおかげでみんながタイヤをクールダウンさせることができてしまったんだ。
再スタートでのローランドの僕に対するブロックはフェアではなかったと思うし、彼は一体なにがしたかったのか分からないよ。
いずれにしても今週は全体として素晴らしいレース週末だったし、選手権のリードを広げることもできた。それが今回の一番の目標だったしその通りのレースができた事をとても嬉しく思うよ。

#2 アントニオ・フォーコのコメント:

今週末はとにかく最悪の週末だった。僕のキャリアで一番ひどい週末だったと言ってもいいだろう。正直言って僕らも原因はまだはっきりとは理解できていないんだけど、とにかく予選からマシンの何かがおかしくて、チームメイトから2秒も遅いタイムでしか走ることができなかったんだ。
先週は同じように表彰台に立っていたのに今週はプッシュもできなくてコース上に留まるのが精一杯という状況だった。
予選があの位置では決勝ではどうすることもできないし、マシンの問題はレース週末を通して良くなることはなかった。
木曜の走り始めからマシンに違和感を感じていて、セットアップを変えても何も変わらなかった。チームには予選後にマシンのありとあらゆるところをチェックしてもらったけど問題は見つからなかったよ。
次のブダペストにはきちんと問題を解決して本来のかたちでレースに臨めることを願っているよ。もちろんそれが可能だと思っているしね。

テディ・イップ・ジュニアのコメント:

本当にエクセレントな週末でした。
シャルルは今週も素晴らしい結果を手にしてくれました。これで6戦中6ポールで5勝ですから。
彼にとってはいつも通りの週末と言えるでしょうけどね。
本当に彼の持つあの“スピードゾーン”に入った時の異次元の速さには魅せつけられるものがありますね。
我々としてはムジェロでのF4でも優勝することができましたし、本当に良い週末になりました。我々はこのピットレーンで一番のチームだと自負しています。

レネ・ロシン チームマネージャー:

このウィークエンドのシャルルのパフォーマンスについては驚きさえ感じます。フィーチャーレースでのポールと優勝、スプリントレースでのファステスト獲得(2ポイント)はチーム全員に喜びと躍動するモチベーションを与えてくれます。二週間後のブタペストでもこの流れを維持して前半戦を終えて、夏休みをハッピーな状態で迎えたいと思います。


unnamed (8)