マキシミリアン・グンター ポール & 優勝で自らのバースデーに華を添える

unnamed (9)

Press Release
FIA F3 European championship Rd.5

2017年6月30日〜7月2日
ドイツ/ノリスリング

 1 Lapが1分を切るショートオーバルの様なノリスリングサーキット。二つのヘアピンをワイドなストレートで繋いだこの特殊なコースで大勢のファンが見守る中、地元ドイツの#3マキシミリアン・グンターは全てのレースでポディウムに登壇。ドライバーズポイントを236点まで伸ばし2位のマーカス・エリクソンに34点差をつけトップを維持。
チームランキングもプレマセオドールは456点を獲得し、2位のMoto Park(332点)に124点もの大差をつけ、チームタイトル獲得へと大きく前進した。
しかしこのノリスリングでは決して楽に良いリザルトを残したとは言い難く、立ちはだかるライバル達の壁に四名のドライバーは十二分に苦しめられたレースだった。

 このレースで二十歳を迎えたマキシミリアン。二年前、ルーキーとして初めてのF3を戦っていた彼はこのノリスリングで自身のF3初優勝を飾った場所でもある。このゲンの良さを引きずっているのか今回も予選でレース1/4番手、レース2/3番手そしてレース3はポールを獲得した。


 

レース1:

 マキシミリアンはセカンドローからスタートし、前を行く#34ジェイク・ヒュース(ハイテックGP)と#31怪物ランド・ノリス(カーリン)の激しいバトルを後方から冷静に見ていた。特にこのレースのノリスの激しさは”荒い”と言える程のもので結局ノリスはヒュースに激突。そのチャンスを冷静に待っていたマキシミリアンは難なく先頭に立ちそのまま逃げ切って優勝。
#8 周 冠宇はこのレースを3位でフィニッシュしトロフィーを増やす事に成功。7番手からスタートし、前方での混乱を冷静に見てポジションをアップ。プレマセオドール1-3位表彰台の立役者となった。
#53 カラム・アイロットにとってはアンラッキーな展開となってしまった。5番手でスタートした彼は最初のコーナーで後ろから追突され、すぐにピットに入りノーズを交換したが結局リタイアとなった。
#25 ミック・シューマッハは予選で歯車が合わず13番手スタートとなったが、決勝では見事にリカバーし7位でフィニッシュ。ルーキー2位の表彰台を獲得した。

レース2:

 日曜日の朝のレース。天候が悪く路面は非常にトリッキーなコンディション。
3番手からスタートしたマキシミリアンはポジションをキープしながら走行を続けたがノリスにオーバーテイクされ4位にドロップ。ノリスはそのまま順位を上げてトップに。しかしノリスも後続を引き離せず、トップのノリスから4位のマキシミリアン、5位の#27 ジェハン・ダルバラ(カーリン)までが2秒差以内の集団で周回を重ねる。途中ダルバラの猛追もあったが抑えきり、ラスト1分を切った1コーナーで前を行くヒュースとマキシミリアンのラインがクロス。大きく膨らんだヒュースを抜いてマキシミリアンが3位に浮上、表彰台を手にした。
周は#96 ジョーイ・モーソンと長い間7位争いを展開したが最後は8位でフィニッシュ。レース1で不運な展開に見舞われたカラム・アイロットは3台のマシンをオーバーテイクし9位でゴール。ポイントを手にした。ミックは11位完走でポイント圏外だったが、ルーキーポイントでは2番手。こちらも再度ルーキークラスのポディウムに登壇できた。

レース3:

 ポールスタートのマキシミリアンがスタートで出遅れ、1コーナーまでに一瞬4位まで落ちるが立ち上がりで他車を抑え2番手につけた。
ミックが#5ペドロ・ピケ(VAR)と接触しウォールにヒット。ここでフルイエローコーションとなる。そのイエロー解除後もマキシミリアンはトップを行くダルバラを追いかけるもオーバーテイクには至らず。結局、この週末の地元での最後のレースを2位で終えた。
カラムは11番手を争っていたがポジションを上げて9位でゴール。逆に周は最後に順位を落としてしまい12位でゴール。ポイント圏外となってしまった。

次のレースは7月28-29日、スパフランコルシャンでのレース。
スパ24時間レースのサポートレースとなるこのレースは、夏休み前の最後のレースとなり、前半戦を締めくくるレースとなります。


 

コメント:

テディ・イップ チームプリンシパルのコメント:

 この週末にハイレベルな戦いに臨んだ全てのスタッフがこれだけの結果を残し、本当に嬉しく思います。献身的にハードワークを戦い抜いた結果、私たちはドライバー・チーム双方のポイントでトップに立てています。次のスパもさらなる飛躍を期待しています。

#3 マキシミリアン・グンターのコメント:

 優勝が出来て本当に良いレースでした。スタートでポジションを二つ上げ、その後ノリス達と優勝へ向けてのバトルとなりました。このコースはタイヤがロックしやすいのでミスをしないように集中し、前にいる二人のドライバーの様子を見てチャンスを掴む準備をしていたら”それ”が本当に起こりました。最後の数ラップにリードを取れて優勝。25ポイントも獲得できてアメージングな勝利でした。
レース2は良いスタート切れました。ジェイクにはプレッシャーを掛け続けましたが彼のディフェンスは堅く、結局ミスには至りませんでした。レース中盤、自分がブレーキロックをさせてしまいノリスにチャンスを与え抜かれてしまいました。目の前にいたラルフに猛アタックをし最後に3位を手に入れました。
レース3ではスタートミスをしてしまいました。4番手に落ちましたがすぐに挽回し2位をキープ。出来る限りダルバラをプッシュしましたが彼はミスをしませんでした。結局2位でゴールでしたが有効なポイントを稼げたので、このレースウイークは良かったと思います。

#8 周 冠宇のコメント:

 レース1のスタートは良かった。冷静に走り集中してトップ5を走行しながらピケにプレッシャーを掛け続けました。最後の数ラップで前方で激しいファイトをしているのが分かっていたので見極めていました。全体的にペースも良く、スピードがあることを皆に見せる事が出来たと思います。
レース2の路面コンデションは部分的に濡れていてトリッキーなコンデションでしたがミスはしなかった。少しポジションを落としましたがペースそのものは悪くなかった。オーバーテイクが難しくまたリスクもありました。8位をキープしたままゴールでした。
最後のレースはニュータイヤだったのでグリップを期待していたのに最初の10ラップは滑りっ放しでした。ただただ下がって行き、最後にコンディションがマッチした頃には最早遅かった。カラムとバトルしている時、ホイルスピンが多くヒットしてしまいポジションを無くしてしまいました。

#25 ミック・シューマッハのコメント:

予選は13番手グリッドからのスタートで正直、良く無かった。レース自体は悪く無く、ターン1でトラブルに遭遇しない様に注意しながら走り、結果レースではポジションを上げてポイントも取れました。
しかし日曜日は本当にタフでした。けれどこの挑戦的なストリートサーキットでの経験値を上げる事が出来ました。
レース2はトリッキーなコンデションで抜くポイントが探せな状態で12位。ルーキーでポディウムに乗れました。しかしレース3は早く終ってしまい残念でした。

#53 カラム・アイロットのコメント:

 レース1のスタートは良かったけのだけれどターン1でのスペースが余りにも無くヒットされてしまいました。すぐにピットに入ったけどその時点でステアリングが曲がっていて、もう何もできませんでした。
レース2のペースは良かったしファステストも出せました。またレース3では相当バトルもしたしまたもやファステストを出せました。またこのレース3でコースレコードも出せました。それは良かったと思います。(従来のコースレコードはマックス・フェルスタッペン)
レース3はスタートが悪かったです。ポジションの挽回はターン1のアウト側で出来る事が分かりそれを利用しました。だけどバトル中の他のドライバーの良くない動きの影響で9位まで落ちてしまいました。
レースでのパフォーマンスは決して悪く無くドライブしていてハッピーでした。これからは予選からパーフェクトに行ける様に集中して行きます。


unnamed (8)