プレマ/セオドールレーシング ラウジッツリングで2ポール/二連勝

044af6ab-09df-4a27-b5cb-cf613571fb1e

2016年6月7日/ドイツ:ラウジッツリング

ADAC F4 ラウンド3、ラウジッツリングに於いてミック・シューマッハが2ポール/2ウィンを決め、これによりミックはシリーズポイントでもトップにあと3点差に迫るシリーズ2位へ一気に浮上しました。
プレマ/セオドールレーシングにとって、これはこの上ない良い週末となりました。unnamed (5)

ユーリ・ビッブスとファン・マニュエル・コレーアは予選から良いパフォーマンスを見せそれぞれ4位と9位。
ユーリはレース1で7位、レース2は入賞を逃し11位。そしてファイナルレースとなったレース3では他車にヒットされて22位とやや不本意な成績に終わりましたが、一方のファンはレース2に於いてオーバーオールで9位ながらルーキークラスでは2回の3位を記録。こちらもそれなりに満足のいく結果となりました。
次戦、ラウンド4は6月17-19日のオッシャスレーベンでの開催となります。

ドライバーのコメント:

ミック・シューマッハ Car No.29
自分にとって、この週末は素晴らしいレースウイークエンドになったよ。
2回の優勝とレース3での6位。これでポイントを大量に稼げてランキングは一気に浮上した。
今日のコースは路面の乾きが早く、ややトリッキーなコンディションだったね。
タイトル目指して次のレースも結果を出せるよう頑張るよ。

ユーリ・ビッブス Car No.44
今週はポジティブな事とネガティブな事が両方起こったが全体的には悪くなかったから良しとするよ。頭を切り替えて次に集中する事にする。

ファン・マニュエル・コレーア Car No.68
予選は本当に良くなかった。難しいレースウィークエンドになってしまったよ。けれどそう言う時は自分のスキルを上げるチャンスだとアタマを切り替えたよ。そう考えれば起こる事は全てポジティブだ。予選グリッドの結果から考えると良く出来た方だと思えるよ。

広告