PRESS RELEASE

HEADER 2

2015 年5 月14 日

    私たちセオドールレーシングはこのたび世界的なミニチュアカーメーカーのMINIMAX (SPARK)と国内外で多くのファンから支持されているガレージキットメーカーである有限会社ジル(STUDIO 27)との間にオフィシャルライセンス契約を締結しました。
両メーカーから私たちのモータースポーツにおける歴史をモデルカーで再現して頂くことになり、多くのファンの皆様と共に楽しさと歴史を共有できる事を大変に嬉しく思っております。

  私たちのチームは先代のテディ・イップ シニアが1970 年代半ばに起こしたチームであり、日本では1976 年,“雨の富士スピードウェイ”において開催されたF1 世界選手権in Japan にアラン・ジョーンズ(Alan Jones)選手の駆るサーティースにスポンサーしたのが最初の記録として残されております。このレースは先頃、世界中で上映された映画『ラッシュ/プライドと友情』の舞台にもなったレースでご記憶の方も多いかと思われます。

     そして1977 年F1 日本グランプリでは正式にセオドールレーシングとしてエントリー。この時のドライバーはフランスのパトリック・タンベイ(Patrick Tambay)選手で、マシンはエンサインでした。
日本の皆さんがセオドールレーシングの名前を最も記憶しているのはマカオグランプリに於ける1983 の年アイルトン・セナ(Aryton Senna)選手と1990年のミカ・ハッキネン(Mika Hakkinen)選手ではないでしょうか?このようにセオドールレーシングは長い歴史のなかで多くの名ドライバーを世界に飛躍するチャンスを沢山作ってまいりました。

     その我々のヒストリーを形として残す為に、今回のオフィシャルライセンスプロダクツの契約を纏めあげたのです。
我々のヒストリーが皆さんの目の前にモデルカーと言う分り易いカタチでお目見えすることになります。これらの趣旨にご理解を頂き契約を締結して頂きましたMINIMAX と有限会社ジルには大変に感謝をしておりこの場を借りて御礼申し上げます。

      皆様方におかれましてはミニチュアカーやプラモデル等と共に2013年より復活したセカンドジェネレーションのセオドールレーシングへの応援をどうぞ宜しくお願い致します。

Theodore Racing Team Principal
Teddy Yip