U.K. Formula Renault2.0 ドライバー募集のお知らせ

GOLD WOLF RACING Ltdは今年度から英国フォーミュラルノー2.0に参戦いたします。
250px-FormulaRenaultLogo

このシリーズは最新型を使うフォーミュラルノー ユーロ選手権、NEC(北ヨーロッパ選手権)、アルプスシリーズと異なり2008年モデルで開催されており、ルノースポールのサポートもあるオフィシャルシリーズです。
images
このモデルでの開催は当年が最後と言う事で、今年も20台前後がエントリーするものと思われます。

911-PROTYRE_FORMULA_RENAULT_BARC_CHAMPIONSHIP

このシャーシは非常に安定したパフォーマンスであり、ドライブし易い事でも有名で、Asian Formula Renault(AFR)でも一部のチームで使われております。
英国ならではの十分にメンテナンスの行き届いたマシンはトラブルの心配も少なく、またミシュランタイヤの安定したパフォーマンスで十分にドライビングのスキルの向上に繋がります。

シリーズ名称:Protyre Formula Renault

レースカレンダー:
第1~2戦    4月14日      ドニントンパーク
第3~5戦    5月11~12日  スネッタートン
第6~8戦    6月1~2日     スラクストン
第9~11戦   7月6~7日     クロフト
第12~14戦  8月10~11日   ロッキンガム
第15~16戦 9月28~29日   シルバーストン
全6ラウンド/16戦

エントラント: GOLD WOLF RACING(英国内の本拠地 エセックス州)

エントリー台数:2 car

【お知らせ】
なお1stテストを当月末28-29日にブランズハッチショートコース(ブランズハツチ・インディ)で行います。2台のFormula Renault、2台のBRDC F4の4台で行いますので参加者を募集いたします。

【所感】
UKルノーはどんなレース?
まず一番の欠点から言います。
それはマシンが古いモデルを使用していると言う事です。
ルノー車輌の古さから言うと、1位:AFR(2000年モデルも走っている。基本的には2004年型と2008年型)、2位FCJ(06年と09年がありますが、基本はルノー2004年型)、次にこのUKシリーズです。
ユーロ、NEC、アルプスは2013年型を使用していて、モノコックだけで言うとMRF F2000とほぼ同じです。
従って格下のBRDC F4がパドルシフトなのに対しいまだにシーケンシャルと言う古典的なシフト形式で行われております。
次にレースのレベルは?と言うとこれはやはりレベルが高いと言わざるを得ません。
昨シーズンのMRF Challenge最終戦にデーモン・ヒルの息子であるジョシュ・ヒルが来ました。
そして来るなりユーロF3やGP3ドライバーを押しのけていきなり勝ってしまいました。
introducing Josh Hill

また昨年、AFRのチャンピオンがUKルノーのウインターシリーズに来ました。ウインターシリーズは参加台数も僅かなのですが全てのレースにおいて最後尾のフィニッシュでした。もちろんドライバーの個々の力量の問題もありますが、イメージ的には全日本F3のCクラスレベルと思って頂ければ良いかと思います。ユーロやNEC、アルプスに比較するとコスト的にはややセーブされたバジェットとなります。

またレースの予算は無いけれどテストはやりたいと言うドライバーには年間でテストドライバーズパッケージを提供いたします。
あわせてお問い合わせください。

info@goldwolf-racing.asia

【ランキングに参加しています。宜しければ押してください】

にほんブログ村 海外生活ブログ マカオ情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 その他スポーツブログ モータースポーツへ
にほんブログ村
にほんブログ村 車ブログ 車 モータースポーツへ
にほんブログ村